img_03

img_05

金融資産設計サービス

金融資産設計をご活用下さい

年3~10%の利回りのはずが元本割れ?話が違う!
会社員(41歳)会社員 妻(37歳)パート 子供二人(小学生、男女)

証券会社に勧められて、外貨建ての投資信託を3年ほど前に購入しました。
『年3~10%の利回り』という謳い文句につられて投資したが、
3年経って解約しようと思ったら、ほとんど元本が増えていない状況。
いったいどういうこと?年金の足しになるかと思ったのに。。


■ご提案
まず目論見書と契約の控えを提出していただきました。
目論見書には、「販売手数料3%、年間管理手数料3.75%」とあり、
3%の利回りでは手数料で元本割れしてしまうことがありうることになります。

また、為替が1$=120円程度の時に契約しており、
解約を問い合わせた時点(1$=113円)では、
7円ほどの為替差損が発生していることを説明させていただきました。

このあたりの説明は、証券会社の担当者からは、受けていなかったとのこと。

同じリスクなら、海外のポートフォリオも面白いことを説明させていただき、
切り替え後1年の運用で、ネットで18%の利回りが得られました。
(注:この商品は、元本や利回りが保証されているものではありません)

これはかなり早く成果の出たケースですが、
短期の変動を気にしないだけの心構えさえあれば、
中長期で見れば安定成長を示している海外ファンドは実際多数ございます。

いまだ解決を見ない年金問題に対する、ベリーライフが提案する答えのひとつです。

 

まずは無料相談をご利用下さい

ベリーライフは、海外・国内の独自の情報ネットワークをいかした、さまざまな資産運用情報をお客様にご紹介しております。
ネットでは公開できない情報もございます。ぜひお問合せください。


こちらよりご相談フォームへGo

 

サービス料金

資産設計サービスの料金は下記の通りです。

相談事項相談方法料金サービス内容
金融資産設計
面談1h含
面談/ 書面¥5,250(月払)
¥52,500(年払)
お客様の金融資産のポートフォリオ作成
と金融商品の提案。年間4回のレポート

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

セミナー情報

セミナー一覧へ

過去に頂いたご相談

全て見る