img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

投資の際は要注意? ソーシャルレンディングのリスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資の際は要注意? ソーシャルレンディングのリスク

 

 

 

投資の際は要注意? ソーシャルレンディングのリスク

 

個人投資家が不特定多数の借り手に投資できる「ソーシャルレンディング」。TVなどでも取り上げられ、近年徐々に定着してきている投資法ですね。
ソーシャルレンディングは新時代の画期的な投資法ですが、実はリスクも存在します。ここでは、ソーシャルレンディングに潜むリスクをご紹介していきます。

 

 

ソーシャルレンディングとは

 

まず、簡単にソーシャルレンディングについてご紹介します。
ソーシャルレンディングというのは、簡単に言えば個人投資家が、新事業を始める個人、また将来性のあるベンチャー企業などに直接お金を貸し付られるシステムです。
銀行預金なども広く見れば、その預けたお金は個人や企業に融資されています。ただ、ソーシャルレンディングの場合、仲介する金融機関に支払う手数料などが、銀行の融資制度より減ります。このため、お金を貸す側は得られるリターンが大きくなり、借りる側も低金利で融資を受けられるメリットがあります。
また、なにより自分で貸し付ける相手を自由自在に選べること、そして個人や企業の成長に一役買え、社会に貢献できるということがソーシャルレンディングの大きな魅力となります。

 

ソーシャルレンディングのリスク

 

さて、ソーシャルレンディングにはリスクも潜んでいます。
それは“貸し倒れのリスク”です。ソーシャルレンディングでお金を貸し付け、その相手が事業に失敗し倒産、自己破産した場合は、貸し付けたお金は貸し倒れとなり戻ってきません。(ただし一部例外はあります)
相手が倒産や自己破産をしてしまうと貸し付けた資金が0円となってしまうことがあるということが、ソーシャルレンディングを行う上で最も注意したい部分となります。

 

ソーシャルレンディングのリスクを回避するには?

 

とはいうものの、ソーシャルレンディングの貸し倒れリスクを回避する方法はあります。回避方法としては以下の通り。

 

・優良なソーシャルレンディングサービスを利用する
ソーシャルレンディングのサービスはそれぞれで趣向が異なります。中には事業計画や経歴のはっきりした個人、業績優良なベンチャー企業しか取り扱っていないサービスもあります。そういったソーシャルレンディングサービスであれば、貸し付け相手がある程度優秀であるため貸し倒れのリスクを減らせます。

 
・リスク分散する
一人(一社)の相手に全額投資するのではなく、小額を多数の相手に分散して投資する事で
貸し倒れのリスクを減らせます。

 

・先見の目を持つ
投資の基本となりますが、流行やマーケットの状況を上手く読み取り、本当に成長性のある相手を見極められる先見の目を持つことも、リスク回避につながります。

 

以上のような事に注意しソーシャルレンディングを利用すれば、ある程度は貸し倒れのリスクを減らすことができるでしょう。

 

ソーシャルレンディングのリスクを回避するには?

 

このようにソーシャルレンディングというのは便利である反面、リスクも潜んでいます。貸し倒れが発生するとかなりの被害を追うこととなりますので、リスク回避を織り交ぜながら利用していくことをおすすめします。

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る