img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

資産運用を始める際の4つの心得

このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用を始める際の4つの心得

 

 

 

資産運用を始める際の4つの心得

 

不透明な景気や年金受給開始年齢の引き上げなど先行き不安な社会が続く中、これまで以上に個人での資産運用が求められてきています。
ただし、資産運用にはリスクもつきもの。ただ始めれば良いというわけではありません。
これから資産運用を考えている方に向けて、資産運用を始める上での心得についてご紹介していきます。

 

 

 

財テクに走らない

 

「財テク」とは、とにかく資産を増やすことを重視して行う利益第一の投資スタイルを指します。例えば株式や為替などハイリスク・ハイリターンな投資先を選び、短期間でいくら儲けられるかをシビアに追う投資スタイルなどです。
資産運用を初めてすぐにこの財テクに走る方が多いですが、財テクで利益を上げるにはやはり経験やテクニックも必要になり、失敗する可能性も高くなります。
資産運用を始めた当初は、銀行預金、投資信託、個人向け国債など比較的ローリスクで確実で安定した投資法から始めていき、財テクは二の次に考えることをおすすめします。
財テクとしてシビアに利益を追うのは、ある程度の経験や知識が備わってからの方が良いでしょう。

 

 

小額の資金で始める

 

銀行預金、投資信託、国債、不動産、株式など様々な資産運用の投資先がありますが、いずれの場合も資産を投資する以上、大なり小なりリスクは存在します(銀行預金はリスクが低いですがノーリスクというわけではありません)。
資産運用では「リスクをいかに抑えられるか」が、利益を上げる以上に大きなテーマとなります。リスクを抑える方法は分散投資などさまざまなものがありますが、投資初心者の方におすすめなのは「投資資金を小額にすること」です。小額の資金で始めればたとえリスクを負ったとしても被害は抑えられますし、リスクの勉強にもなり次に活かせます。
いきなり全財産をフル活用して資産運用するようなことは避けましょう。

 

 

目標を明確にする

 

 

 

資産運用を始める際の4つの心得

 

資産運用は、「○ヵ月後までに○○万円の利益を上げたい」「○年後までに資産を○%と増やしたい」といった明確な目標を定めることが大切です。目標を定めることによって、自分にあった投資先を見つけやすくなるし、運用意識も高まり利益を生みやすくなります。
逆に「運良く資産が増えればいい」「儲けられるならいくらでも儲けたい」と曖昧な目標なまま取り組んでしまうと運用が乱雑になり、時にはリスクを負ってしまうこともあります。
ただし、あまりに無謀な目標を立てたのでは目標を設定する意味がなくなります。まずは現実的なレベルの目標とすることが大切です。

 

 

自分の意思で運用できるようにする

 

資産運用を始めると、各金融機関のコンサルタントがプラン金融商品をセールスの声が掛かるようになります。また、投資情報や投資ノウハウなどを見る機会も増えるでしょう。こういった第三者から得られる情報というのは、必ずしも信憑性があるものではありません。業績を上げるためにセールスするコンサルタントもいますし、専門家が発している投資情報であっても外れることはあります。
資産運用を行う上では、第三者の情報や意見に振り回されるのではなく、しっかりと正しい情報を見極め、自分自身の意思で運用していくことが大切になります。

 

これから資産運用を始める方は、この4つの部分を意識して挑むことをおすすめします。中途半端な気持ちで行うとやらなければ良かったという結果になってしまうこともありますが、しっかりとした意識で挑めばいずれ自分の人生の大きな助けとなってくれるはずです。

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る