img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

関係が成立してるから安心?実はリスクをはらむ関係特殊投資

このエントリーをはてなブックマークに追加

関係が成立してるから安心?実はリスクをはらむ関係特殊投資

 

 

 

関係が成立してるから安心?実はリスクをはらむ関係特殊投資

 

当事者同士にとってその取引が有益であったとしても、その他の取引では価値がなくなるような投資のことを、関係特殊投資といいます。

 
例えば、大都市間を結ぶ道路や鉄道には特殊性はあまりありません。
旅客を運ぶこともあれば、貨物を運ぶこともあります。一方で同じ道路や鉄道でも、山奥に孤立している田畑や工場に繋がるだけの道路、あるいは鉄道の支線には「特殊性」があるのです。

 
この道路や支線は、孤立した田畑や工場にとってはなくてはならないものですが、当事者以外の方にとっては、なくてもあまり困りません。
このような道路・鉄道支線などに対する投資は、関係性特殊投資です。

 
田畑と工場、そこに続く、道路維持や鉄道運行に関する投資は、田畑や工場が生産を続ける上でなくてはならないものです。
同時に道路と鉄道も田畑や工場がなければ立ち行かなくなってしまうため、関係性特殊投資は安全と思いがちですが、この関係の特殊性がゆえのメリットとリスクも存在します。

 

 

投資におけるホールドアップ問題とは

 

 

 

関係が成立してるから安心?実はリスクをはらむ関係特殊投資

 

現実の取引では、完備契約(あらゆる不確定な要素を織り込んだ契約)を結ぶことは極めて困難です。
契約に書かれていない事態が発生したとき、取引の当事者は自分に都合の良い行動を取ろうとするもの。
このような場合に、関係特殊投資をおこなっている場合、取引に関する交渉が決裂して関係が継続されなくなれば、投資は全く無駄なものになってしまいます。

 
冒頭の例に当てはめるならば、工場主は輸送トラックに切り替えるという威嚇を鉄道会社に対して行うことで格安の運賃を求めることができるでしょうし、また鉄道所有者は状況が異なるならば逆に運賃の値上げを勝ち取ることもできるでしょう。

 
このような関係特殊投資がなされているために、投資を行う経済主体が投資に対して臆病になってしまい、その結果、適正な投資が行われない状態を、投資におけるホールドアップ問題と呼びます。

 

 

関係特殊投資のメリット・デメリット

 

 

 

関係が成立してるから安心?実はリスクをはらむ関係特殊投資

 

関係特殊投資のメリットとしては、双方の特殊性が維持される限りは安定した利益が得られる点です。
逆にデメリットとしては、ホールドアップ問題に陥ってしまい、交渉が決裂してしまうと、関係特殊性のある資産価値はゼロになりかねません。

 
良好な関係が続けば、場合によっては長い期間利益を得られる関係特殊投資ですが、一方でその特殊性がゆえに、全てを失いかねない危うさもあります。

 
関係特殊投資は、投資先の資産が特殊性を維持しつづけるために、どのような施策をとっているのか注意深く長期的な視点で検討することが大切です。

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る