img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

今話題の投資「融資型クラウドファンディング」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今話題の投資「融資型クラウドファンディング」とは?

 

 

 


 

最近話題になってきている新たな資産運用法「融資型クラウドファンディング」。
資金が必要な人と出資者を繋げる全く新しい投資法として注目を集めています。

 
融資型クラウドファンディングとは一体どういったものなのか、またその魅力についてご紹介していきます。

 

 

クラウドファンディングとは?

 

 

 


 

クラウドファンディングとは、資金が必要な人と資金を出資・投資したい人をインターネットで結びつける投資サービスです。

 
例えば「有能な技術を持っているが資金不足で羽ばたけないクリエイターやベンチャー団体と投資家を結びつける」というようなことが、クラウドファンディングを通じて実現できます。
資金を求める側はクラウドファンディングのインターネットサービス上で事業の概要や資金援助を求める理由を公開し、投資家側はそういった情報をもとに投資先を選定し投資を行います。

 
市場としては、クラウドファンディングは世界では1兆円を超える新たな巨大投資市場になりつつあります。
日本は世界に比べると出遅れていますが、今後は日本でも急激な成長が見込まれる新市場です。

 

 

融資型クラウドファンディングとは?

 

クラウドファンディングには「非投資型」と呼ばれる金銭的なリターンの得られない出資形式があります。
この場合はあくまで見返りのない善意的な出資となります。

 
一方で「融資型」と呼ばれる金銭的なリターンが得られるクラウドファンディングがあります。
これを融資型クラウドファンディングと呼び、投資することで株式投資などのように金銭的なリターンを得ることが出来ます。

 
基本的には事前に投資に対する利率が設定されており、投資先が破綻しない限り利率分のリターンを継続的に受けることができます。

 

 

融資型クラウドファンディングの魅力

 

 

 


 

融資型クラウドファンディングの魅力は、まず安定した利益が継続的に得られること。
投資先が破綻する、事業に失敗するとリターンは受け取れなくなりますが、そうなる確率はです。

 
例えば特性の似ている株式投資と比較します。
株式の場合も出資した銘柄が破綻すればリターンは受け取れなくなり、加えて株式の場合は破綻までいかなくとも、ちょっとした業績悪化経済動向の悪化で株価が変動し損失が発生します。

 
対して融資型クラウドファンディングでは、破綻しない限りは安定したリターンが得られるのでかなり安定性の高い投資と言えます。
また「数万円からでも可能」「取引も時間が掛からず特別な知識も不要」といった投資の手軽さも魅力の一つと言えるでしょう。

 
出資先の事業が大成功した暁には、有益な交友関係が出来るなどビジネスチャンスとしてのリターンも得られるかもしれません。

 

 

融資型クラウドファンディングのサービス

 

融資型クラウドファンディングは、国内では以下のサービスが有名です。

 
■クラウドバンク/日本クラウド証券株式会社
■SBIソーシャルレンディング/SBIソーシャルレンディング株式会社
■maneo/maneo株式会社
■AQUSH/株式会社エクスチェンジコーポレーション

 
本場である海外では現在数多くのクラウドファンディングのサービスがありますが、言語の壁もありますし、日本からでは利用できないものもあります。
国内のサービスでも海外の案件を扱っている所もありますので、まずは国内のサービスから利用してみるのをおすすめします。

 

クラウドファンディングは将来の成長に期待し出資することとなりますので、投資本来の形に限りなく近い投資方法です。
リスクも少ないので安定型の投資方法として今後注目されていくでしょう。

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る