img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

なぜ今話題に?「金」投資の持つメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ今話題に?「金」投資の持つメリット

 

 

 


 

近年、株式投資や為替投資以上に注目が集まっているのが「金」への投資です。
金は知ってるけど金投資って何?どういう仕組みなの?という方も多いかと思います。

 

そこで金投資とはどういったものか、金に投資する事のメリットは何なのかを分かり易く紹介していきます。

 

 

1.金投資とは?

 

 

金投資とは、その名の通り「金(ゴールド)」を購入し資産として保管、いずれ価値が上昇した時に売却し利益を得る投資方法です。

 

大きく分けて2つのタイプがあります。

 

一つは「金地金(きんじがね)」としての金投資。
金地金とは良く映画やドラマなどで純度99%などと刻印された金の延べ棒が劇中に出ることがありますよね。
まさにそういった実物の金が金地金です。

 

金地金は、金融機関や貴金属店を通して購入することができます。
価格は1kgで約500万円前後が目安、100g程度で小出しに購入することもできます。

 

もう一つは、「金ETF」としての金投資。
金ETFとは金を運用する投資信託のこと指します。
簡単に言えば株式取引で金という銘柄に投資するようなイメージです。

 

実物ではなくあくまで権利として金を購入、株式取引の様にタイムリーな売買ができ、1口数千円からと手軽な価格で始めることができます。
実物か権利かということで差はありますが、どちらも仕組み自体は同じです。
金の価格相場があり、相場が上がれば売却した際に利益となります。

 

 

2.金は価値がゼロにはならない

 

 

 


 

さて金投資のメリットとはなにか。
それは、決して金の価値はゼロにならない事です。

 

例えば株式だと会社が倒産し、株券が紙切れになるというのもザラです。
通貨の場合は、為替相場の変動により大きく下落する場合があります。
金は、数千年の価値観の変化にも耐えた安定した資産です。

 

また、現代は金を含めた希少金属が様々な産業機械を動作させるために欠かせなくなっています。
金そのものの需要がなくなってしまうことはありません。
この不安定なご時勢の中、投資(特に長期投資)にはうってつけの商品となって行くでしょう。

 

 

3.なぜ今「金」なのか

 

 

 


 

金の持つもう一つの大きなメリットは、インフレに強い事です。
金は特にインフレの際に力を発揮します。
インフレが起きると紙幣の価値が下がり、これまで貯めた現金の価値が低くなってしまうでしょう。
いくら何百万と貯金していてもを現金を持っている時点でリスクを負うことになります。
これに対して金の価値はインフレが起きても余り変わりません。

 

またインフレにより金の需要が増え、それ以上の価値になることが期待できます。
現在日本は、やっとデフレ脱却しはじめた所です。
今後インフレに向かって行くことは大いに考えられます。
そんな時に力を発揮するのは金である訳です。

 

この様に金は長期的に考えると、リスクも少なく将来性のある投資商品です。
特に今の経済は先行きが見えない状況ですので、景気が悪化しても一定の価値を保ち、景気が上向きインフレになっても力を発揮する金は今現在特に有効的な投資先と言えるでしょう。

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る