img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

アクディブとパッシブ、どちらのファンドがよいか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクディブとパッシブ、どちらのファンドがよいか?

 

 

 


 

「アクティブ」と「パッシブ」、これは投資ファンドの運用スタイルを意味する言葉です。

 

投資ファンドには細かく言うと様々な投資スタイルがありますが、代表的なものとしてこの二つが挙げられます。
さてアクティブファンド、パッシブファンドとはどういったスタイルなのか、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

 

1.「アクティブ」ファンドとは?

 

 

 


 

投資ファンドの大半を占めるのがアクティブファンドです。
アクティブを一言で表すと、「型に嵌らない投資」
成長性の見込める銘柄、割安な銘柄などを広い視点で探し投資していく、投資の真骨頂とも呼べるスタイルです。

 

アクティブのメリットは、大きなリターンが期待できること。特にベンチャーや今まで評価されていなかった銘柄への投資が当たると、市場の流れに左右されない大きなリターンを得ることができます。

 

デメリットとしては、その分リスクも大きくなること。
投資がハズレると市場が好調な場合でも損が発生することがあることです。
加えてコストが高く設定されていること。優良銘柄の調査・分析などに手間が掛かるので、ファンドに支払う信託報酬が高めに設定されています。

 

 

2.「パッシブ」ファンドとは?

 

 

 


 

投資ファンドのもう一方を占めるのがパッシブファンドです。
パッシブを一言で表すと、「ある程度型に嵌った投資」
インデックス指数(日経平均、TOPIX、NYダウなど市場指数)を元にした投資をパッシブファンドといいます。

 

株式市場などではインデックス指数、言わば市場の流れに連動して株価推移する銘柄が多く、こういった市場の動きに連動する銘柄を探し、投資するスタイルがパッシブです。

 

パッシブのメリットは、市場の推移通りのリターンが得られること。
景気が上向くなどで市場が好調な時期であればリターンもそれに乗じて増えてきます。(逆方向取引した場合は除く)

 

また市場連動する銘柄は、比較的大型の安定銘柄が多いので、リスクも少なく安定型の投資となる点もメリットだと言えるでしょう。
コストも低く設定されていることもメリットです。市場連動する銘柄を機械的に探し、投資対象から組み込む・外すの調整をするだけなので、ファンドに支払う信託報酬も低め設定されています。

 

デメリットは、逆を返せば市場が思わしくない時はリスクを直に被ること。
またアクティブファンドほど大きなリターンは得られない点もデメリットとして挙げられます。

 

 

3.アクティブとパッシブどちらがよいか?

 

 

 


 

投資の世界にも儲けられる量というのは限りがあります。
投資の参加者が増え人気が高まるほど儲けられる機会は減っていき、場合によっては損となる事もあるのです。

 

アクティブ型のファンドが増えれば増えるほどアクティブのスタイルはやり難くなりますし、パッシブであってもこれは同じです。
こういった投資参加者の比率によっても良い悪いは変わってきます。

 

上述の通り、アクティブとパッシブどちらにもメリット、デメリットもあります。
ですので、どちらが良いかは明確には示せない部分です。
自分のスタイルにあった方を選ぶのが良いでしょう。
アクティブファンドとパッシブファンドにはこの様な特徴があります。

 

また両方を交えて行う「アクティブ・パッシブ混合型」のファンドも勿論存在します。
自分がどういった投資スタイルをファンドに求めるか、その時の景気、市場はどちらのスタイルの方が向いているかなどをよく把握した上で選ぶと良いでしょう。

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る