img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

何が違うの!?「オンショア投資」と「オフショア投資」

このエントリーをはてなブックマークに追加

何が違うの!?「オンショア投資」と「オフショア投資」

 

 

 


 

「オンショア投資」「オフショア投資」なかなか聞きなれない言葉ですね。
これは簡単に言えば海外の株式、債券など金融商品に投資する場合の投資方法のタイプ分けです。
海外へ投資する場合、オンショアかオフショアかでそれぞれメリット、デメリットがでてきます。

 

どのような違いがあるのか、掘り下げてご紹介します。

 

 

オンショア投資とは?

 

 

 


 

海外に投資する場合、日本国内の金融機関を通す方が多いのではないでしょうか。
国内の証券会社などの金融機関を通して、海外の株式、債券、投資信託、不動産など投資が可能です。

 

「国内の金融機関を通して海外へ投資する」、これがオンショア投資です。
海外への投資となると、詐欺や虚偽など日本では考えられないトラブルも起こりやすいです。
オンショア投資の場合、こういった国をまたがる取引でも金融機関や国により投資活動が保護され安全がある程度確保されるメリットがあります。
また、日本国内の投資システムで投資が行えるので、言語の違いによる弊害が受けにくいのもメリットといえます。

 

デメリットはというと、取引が国内のルールに縛られること。
取引をすればその金融機関が定めた取引手数料が発生しますし、利益を上げれば法律に基づき利益の一部を徴収、また所得税としても課税されます。
日本は金融取引に関するルールが厳しく、コストの水準も高いのでこの点がデメリットと言えます。

 

 

オフショア投資とは?

 

 

 


 

オフショア投資は、国内の金融機関を通さず、海外の金融商品を直接取引する投資方法です。
海外の証券会社に登録しその経由で株式を購入する、海外の投資ファンドに直接契約するなどの方法があります。現在はインターネットの普及により、海外への直接投資が行い易い時代となってきています。

 

オフショア投資のメリットは、なんといってもコストが安いことです。
現地の税率や取引ルールに基づく形になるので、国内金融機関を通すより比較的コストが安く抑えられます。
また国内の金融機関では扱っていない金融商品に投資できる場合もあり、投資の幅も広がってきます。

 

デメリットは、国内の金融機関を通さないため、取引上の保護や安全が十分確保されていないこと。
また金融取引には専門用語も多く使うので、言語の壁が非常に高くなることも挙げられます。

 

 

世界的なオンショア、オフショアの意味

 

 

 


 

上記の内容は、国内からみたオンショアとオフショアの意味合いです。

 

世界的に見た場合、オンショアやオフショアは投資が行い易い国、地域という意味も持ち、
利益に対する課税や取得税など、投資活動によって発生するコストが安く設定されている国、地域をオフショアと呼び、高い国はオンショアとして扱われます。

 

厳密な基準はありませんが法人所得税率が25%以上か以下かが一つの目安となっており、
大抵の先進国は25%以上でオンショアとなりますが、スイス、ハワイなど税率が低く非居住者の投資が認められている国、地域は先進国であってもオフショアと分類されることもあります。

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る