img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

資産運用で投資を考えたとき、初期費用の貯蓄は十分?

このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用で投資を考えたとき、初期費用の貯蓄は十分?

 

 

 


 

資産運用に興味を覚えても先立つものがなければ、始めることができません。

 

投資する対象によっては初期費用が多く必要になる種類もあります
投資のための初期費用が十分にないからと諦めるのではなく、日ごろの出費を見直して初期費用を貯め投資を始めましょう。

 

 

目的を持って貯めていますか?

 

 

 


 

なかなか貯蓄出来ない人に共通して多くみられる点は、「何にどれほどのお金を使ったか把握していない」ということです。
決して本人は浪費しているつもりがなくても、気がついたら月末になるとお金がなくなっていて貯蓄に回せなかった、という状況が往々にしてあります。
 
目的をハッキリとさせずに貯蓄しようと思っても、なかなか貯まりません。
「投資のため」という目的をきちんと掲げ、「いつまでに」「どれくらい」ということを決めましょう
その目的ごとに口座を作ると、どのくらい貯まっているか確認しやすくなります。

 
投資用、旅行用などと分けることで金額を把握しやすくなり、モチベーションも上がります。

 

貯めたいなら、先取りして貯蓄する!

 

 

 


 

お給料が入ったら、まず何に使用する分を確保しますか?

 

貯蓄がコンスタントに出来る人は、ここで貯蓄分を先に確保します。
なにも自分で別口座に移す必要はありません。
財形制度がある会社なら財形制度を利用する、もしくは銀行で自動積立口座を作るなどがあります。
そうすることで毎月決まった金額を自動的に別口座に移してくれます

 

このように自分がお給料を手にするまえに、別口座に移してしまうことで確実にお金を貯めることができます。
貯蓄分を引いた額が手元に残るため、ストレスも少ないでしょう。

 

さらにその中から毎月の光熱費や食費ごとに封筒に分けて管理することで、浪費を防ぐことができます。
また家計簿をつけると、一目で何にどれくらい使ったが分かりやすくなるため何に使ったか分からなくなってしまう人は、家計簿をつけることをオススメします。

 

クレジットカードは賢く使う!

 

 

 


 

きちんとお金の使用状況が把握できていない人に多いのが、クレジットカードを上手く使えていないということです。
クレジットカードは現金を持ち歩く必要がなく、かさばらないために便利ですが、つい使いすぎてしまいます
さらに、支払明細がすぐ来ないため今月いくら使ったのかが分からなくなり支払明細を見て慌てるケースが多いです。
 
どうしても必要なクレジットカード以外は、解約してしまうことをオススメします。手元にあるとつい使ってしまいがちです。
クレジットカードを使う場合は、まず毎月の限度額を決めておき使った分をしっかりと把握しましょう
そしてその限度額以上は使わないことが大切です。

 

このように貯蓄方法を見直して、資産運用の資金を貯めてみてはいかがでしょうか。

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る