img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

意外に知られていない【確定拠出年金】のメリット!

このエントリーをはてなブックマークに追加

意外に知られていない【確定拠出年金】のメリット!

 

 

 


 

確定拠出年金は老後の資産形成にとって強い味方となる制度です。

 
しかし、なかなか実態を知らないという方も多いのではないのでしょうか。
場合によっては国内最強の税制優遇措置とも言われる確定拠出年金について、
簡単にご紹介しましょう。

 

 

個人型確定拠出年金について

 

 

 


 

個人型確定拠出年金とは、国民の老後生活を豊かなものとするため平成14年1月から国民年金基金連合会が実施している年金になります。
個人型の対象は、企業年金を持たないサラリーマンや、自営業の方です。

 
個人が確定拠出年金に加入したい場合は、金融機関の窓口で申し込み手続きを行います。
確定拠出年金に加入すると、どの商品で運用するかを選ぶことになります。

 
預貯金や公社債、投資信託や株式、保険商品などのなかから決めます。
ただし、いくらでも投資できるわけではありません。
なぜなら確定拠出年金にも限度額があるからです。

 
例えば自営業者の場合は、国民年金基金の金額と合算して月額68,000円までとなっています。
そして運用した成果を加入期間が10年以上あれば、60歳から受け取れるようになります。

 
ただし、60歳まで解約は原則禁止となるため、すぐに使う予定のない資金で行うことを
オススメします。

 

確定拠出年金の企業型とは

 

 

 


 

会社が確定拠出年金制度を取り入れている場合、企業型と呼ばれる確定拠出年金加入することができます。
企業型の確定拠出年金は、退職金のようなイメージで良いでしょう。

 
企業型の場合、強制加入の場合もありますが、基本的に加入するかしないかを選べます。
加入しない場合は、加入した場合に払われるお金が給与に加算され支払われます。

 
しかし給与として支払われると課税の対象になってしまうため、トータルで手取りを考えると減る恐れがあります。

 
企業型の確定拠出年金の場合は、月々会社があなたの確定拠出金用の口座に入金をしてくれます。
その後は、自分の責任で運用商品を決めて運用する形になります。

 
ただ、どんなに景気が悪くなっても、すでに積み立てられた口座のお金が会社の都合で減らされることはありません。
もちろん、会社が倒産しても全額保護されます。

 

どのようなメリットがあるの?

 

 

 


 

定期預金を組んだ場合、定期預金利息を受け取る場合は20%の課税がされます。
例えば定期預金の利率が0.04%であっても、貰える金額は20%引かれた0.032%になります。

 
確定拠出年金ではこれが全く課税されません。
そのため投資信託で10%儲かった場合、手取りは20%引かれた8%ではなく10%になるのです。
これは大きなメリットです。

 
さらに、銀行や証券会社で投資信託を購入しようとすると申込手数料がかりますが、確定拠出年金においてはかかりません。
そのため銀行などではなくて、確定拠出年金内で買ったほうがメリットであることは明らかです。

 
また受け取り時に年金払いでもらえば公的年金等控除、一時金でもらえば退職所得控除などが受けられることで課税額が少なくなるというメリットもあります。

 
節税を考えることは資産形成の上でも大きなメリットになります。
老後資産形成をお考えの方は、確定拠出年金を考えてみてはいかがでしょうか。

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る