img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

マンションは「購入」と「賃貸」どちらがお得?

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションは「購入」と「賃貸」どちらがお得?

 

 

 


 

現在マンションにお住まいの人や、近々マンションへの転居を検討している人は
「賃貸にするか購入するか」を誰もが考えるかと思います。
資産運用の観点から見て将来的にどちらがお得なのか、どちらにメリットが多いのかとても
難しい問題です。

 
今回は、自宅マンションを『賃貸』にするか『購入』するかの判断材料になる情報を
お伝えします。

 

状況にあわせた選択が大前提

 

 

 


 

賃貸と購入どちらが得するかの前に、まず考えるのは個々の状況です。
例えば異動の多い会社員の場合は、特定の場所にマンションを購入しても長くそこに住めないかもしれないというリスクがあります。

 

ご家族がいる場合単身赴任という手もありますが、その場合自分が住むマンションやアパートの賃貸金額も想定する必要が出てきます。

 

また、収入の変化も長い目で考えた方がいいでしょう。
もしも収入が安定せずダウンしてしまった場合、賃貸であれば家賃の安い家に引っ越す事が
可能です。

 

しかしマンションを購入してしまっている場合、ローンを返済し続ける必要があるため収入減に対応するのが困難になってしまう場合があります。

 

このように損得だけではなく、今の自分や家族の状況と、今後長い目で見た場合どう変化していくかを予想しながら検討していくのが大前提です。

 

 

それぞれのメリット・デメリット

 

 

 


 

では具体的に「賃貸」と「購入」におけるそれぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

 
【購入のメリット】
・ローン完済後は家賃がかからない
・マンションという資産が出来る
・老後に住む家があるという安心感

 
【購入のデメリット】
・病気、災害、失業などで収入減少があってもローンは残る
・メンテナンス費用がかかる
・環境の変化などで住みにくくなっても気軽に引っ越せない
・結婚や転勤などライフスタイルの変化によっては住めなくなる場合も

 

【賃貸のメリット】
・収入の変化にあわせて引っ越し出来る
・マンション購入時の出費を貯蓄にあてておける
・転勤、転職があっても身軽に引っ越せる

 
【賃貸のデメリット】
・老後も家賃を払い続けなければならない
・老後にバリアフリーなどに変えたくても自由がきかない
・気に入って住んでいても場合によっては立退きを求められる事も

 

手軽さは「賃貸」、安心は「購入」

 

 

 


 

メリット・デメリットを見てわかるように、賃貸と購入でどちらが得かどうかは一長一短なのです。
ただ全体的に見ると、賃貸は気軽さが最大のメリットであり購入は将来の安心感や快適さが得やすいと言えます。

 
また資産運用の観点から見てみると、マンション購入は将来の資産として残ります。
ローンを完済した頃には、マンション自体の価値はゼロに近いものになっていますが、完済以降も住み続けることで家賃を抑えられる効果があります。

 
また、人に貸すことで家賃収入を得ることも可能です。
そういった点では、収入の安定している間にマンション購入するというのは資産運用として魅力があると言えます。

 
どちらにより魅力を感じるかは個々の判断基準が大きい所にはなりますが、以上の点を少しでも参考にして頂ければと思います。

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る