img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

海外でも発行されている国債、日本の国債との違いは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人が買える日本の国債とは?

 

 

 


 

銀行や証券会社に行けば、国債という文字を見かけることでしょう。
国債はいわば、国が公共事業などでお金が必要なために、国民から借金をした際の借用証書のようなものです。

 
国債を買うということは、私たちが国にお金を貸している、という意味になり、貸した分に応じて国が利息を支払うという仕組みになっています。
国債は、日本だけでなく海外でも発行されています。
しかし、リスクや金利などさまざまな点で違いがあり買う時には注意が必要です。

 

 

 

 

個人が買える日本の国債とは?

 

 

 


 

日本国内で個人が買える国債は、個人向け国債という名前がついています。

 
国債は一万円から銀行などで買う事ができ、比較的利用しやすい投資方法と言えます。
個人向け国債の満期は、3年、5年、10年の3種類があり、3年ものと5年ものは金利が固定されています。
10年ものは半年ごとに金利が変動します。
しかし金利の下限があるので、金利が全くつかないということはありません。

 
このような性質から個人向け国債は定期預金に似ているとも言われ、安全性が高いという評価をされています。
そんな個人向け国債は、以下のような人にオススメします。

 
「資産運用の初心者の方or将来のためにとっておきたい資金がある方

 

なぜなら、国債を購入した後は、満期まで持っているだけでいいのです。
しかし、国債に限らず投資をした際には、ある種のリスクが発生します。
国債におけるリスクでは、信用リスクがあげられます。
日本の国債における信用リスクは、日本が破綻したら投資した分のお金は戻ってこないというリスクです。
日本が破綻するということは、そう簡単に起きるとは思えませんが、発生する確率が全くないと誰も言えないために、リスクという形になります。

 
しかし、一万円から利用でき、期間は最短で3年と短いため、株式投資や外貨投資などに不安を抱く方は国債から始めてみるのも一つの方法としてオススメします。

 

 

 

海外で発行されている国債とはどのようなもの?

 

 

 


 

日本と同じように、海外でも国債は発行されています。
外国国債は、外国債券と呼ばれるものの1つに分類されます。
日本では証券会社などで購入することが出来ます。

 
発行元が国際機関、海外の企業、海外の政府
(海外の政府が発行したものを外国国債と言います)
・債券の取引する際の通貨が、外貨
・債券を発行する場所が海外
いずれかを満たすと、外国債券と位置付けられます

 
外国債券の魅力は、金利が良いということです。
しかし、日本と同じように発行した国や企業が破綻してしまうと、利息が支払われない、投資した分が回収できないデフォルトという状態に陥る可能性を否定することは出来ません。
そこで参考にしたいのが、スタンダード&プアーズやムーディーズといった格付け会社が出す格付けです。
会社によって表記方法は異なりますが、信用性が低いCから信用性が高いAAAやAaaの間で表されます。

 
国が発行しているから必ずしも安全とは言えません。
1998年にロシアで、2001年にアルゼンチンでデフォルトが起こりました。
さらに、日本の国債では心配する必要がない、為替の変動によるリスクが発生します。

 
このようなことから、ローリスク・ローリターンは日本の国債、ハイリスク・ハイリターンは海外の国債と分けることが出来るかと思います。
国債に興味を覚えた方は、格付け、日々のニュース、為替変動の情報収集をして、ご自身に合った国債を見つけてはいかがでしょうか?

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る