img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

老後が心配なら【個人年金保険】について学んでみましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

老後が心配なら【個人年金保険】について学んでみましょう

 

 

 


 

「アベノミクスによって経済が上向きになった」「景気は回復傾向」などの報道を見たことがあるかと思います。
それでも、将来のビジョンとなるとまだまだ不安を覚えるという方は多いかと思います。

 
なかでも、将来のビジョンに関わってくる老後の資金となると心配のタネではないでしょうか?
定年退職後、国民年金のみを当てにすると月々の受け取り金額では足りないのではないか、と不安を覚える方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は個人で加入でき、民間の保険会社で販売されている個人年金保険についてご説明しましょう!

 

 

 

 

個人年金保険とは?

 

 

 


 

個人年金保険を利用される方は、

 
・資金を運用してもらい、増やしてもらう
・運用した成果を年金などで受け取る
・保険としての機能を利用したい

という方が多いかと思われます。これらの要望に応える保険が個人年金保険になります。

 
そのために、年金保険の仕組みは、私たちが保険会社に保険料を振り込むと、ある一定の期間にわたって保険会社が運用します。

 
そして、保険会社が一定期間運用した成果を年金として、もしくは一括私たちに戻す
といったものになります。

 
さらに、運用期間中(年金or一括で私たちに戻る前の期間中)に死亡した場合は、前もって指定しておいた人に死亡保険が支払われます。

 
このように個人年金保険は、もしもの時や、老後に対する不安に対して備えることが出来る商品と言えます。

 

 

 

個人年金保険にはどのようなものがあるの?

 

 

 


 

ここでは個人年金保険の代表的な二つのタイプをご紹介しましょう。
それは、「定額年金保険」と「変額年金保険」になります。

 
定額年金保険…契約した時に、将来もらえる年金の額が確定する
変額年金保険…契約した時に、将来もらえる年金の額が確定しない

 
運用の成果によって、もらえる年金の額が増減する。
字のごとく「定額」は受け取る年金の額が定まっている、「変額」は受け取る年金の額が変わる保険となります。
このことから、定額年金保険の方がリスクは低いと考えられます。

 
なぜなら、変額年金保険は投資型年金保険と呼ばれることもあり、ハイリスクハイリターンと言えるからです。

 
どちらの個人年金保険がいいかは好みの問題にもなります。
安定志向の方や、あまりリスクを負いたくないのであれば、定額年金保険がオススメです。
しかし、大きく増やすことを期待するのは難しいです。

これから景気が上がると見込んだ場合は、変額年金保険ですと受け取る年金額が増えることが期待出来ます。

 
けれど、運用次第では払い込んだ金額より受け取る年金額が少なくなるという可能性もあります。
しかし商品によっては、契約時に年金保険に投資したお金分は戻すという元本保証型もありますので、ご自身にとって無理のない商品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

年金の受け取り方にも、さまざまな方法があります

 

 

 


 

「定額年金保険」と「変額年金保険」の中には、年金の受け取り方によって、いくつかの種類に分かれます。
その一部をご紹介しましょう!

 
「確定年金」
生死に関わらず契約時に定めた期間、年金がもらえる。

 
有期年金
…契約時に定めた期間で生きていた場合に年金がもらえる。
期間内に死亡した場合はもらえない。

 
終身年金
…死ぬまで年金を受け取れる。
保証期間付有期年金」…保証期間中は生死に関係なく年金が受け取れ
、保証期間が切れたあとは、契約時に定めた期間で生きていた場合に年金がもらえる。

 

保証期間付終身年金」
保証期間中は生死に関係なく年金が受け取れ、保証期間が切れた後は死ぬまで年金を受け取ることが出来る

 
個人年金保険には多くの種類があり、一概にどの個人年金保険がお得かというと判断が難しくなります。
大切なのは、ご自身とご家族のライフプランや体調を見極めて、どういう商品が自分にとって必要かを判断することです。
ハイリスクがいいのか、ローリスクを求めるのか、どれくらいの年齢までお金を受け取りたいかなど、人によってそれぞれだと思います。

 
そのためにも、まずは個人年金保険という商品があるということ、その簡単な仕組みをご理解いただければ幸いです。

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る