img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

【初心者向け】ETFで簡単に投資をはじめてみよう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

【初心者向け】ETFで簡単に投資をはじめてみよう?

 

 

 

「投資を始めてみたいけど、どうしたらいいかわからない」とお悩みの方にETFをオススメしたいと思います。

ETFは初心者でも取引しやすく、手軽に投資が出来ます。
投資を始めるにあたって簡単なETFを活用してみては
どうでしょうか。

 

 

 

 

ETFとは

 

 

 

ETFはExchange Traded Fund の略で、上場投資信託の事を
表します。

 
投資信託とは、ファンドに資産を預けて専門家であるファンドマネージャーに投資運用を任せる金融商品で、大勢の人の投資を集めるため、投資の額が大きくなります。

 

この投資信託を証券取引所で誰でも売買できる商品として取引を可能にしたのがETFです。

 

 

 


ETFの特徴

 

 

 

ETFはTOPIXや日経平均株価などの株価指数や海外の株価指数、商品価格に連動するように運用されているので値動きを把握しやすい
です。

 
普通の投資信託は1日1回の解約設定しかできませんが、ETFは取引所の取引時間中はいつでもETFの売買が
可能です。
つまり、相場を見ながらリアルタイムで売買をすることができます。

 
少額で投資が可能
個別株投資は少なくとも数万から数十万の資金が必要で、TOPIXに連動する株式投資を行おうと考えた場合は数十億の資産がなければ難しいのですが、
ETFの場合は10万程度から投資が
可能
です。

 
株売買手数料と同様の扱いなので一般的な投資信託よりも手数料が安く、特定のETFを無料にしている証券会社もあります。

 

 

分散投資と同様の効果が得られる

 

 

例えばA社に100万投資したにも関わらずA社が倒産してしまった場合、A社への投資分の大半がなくなり手元にはほとんど
残りません。

 
ですが、A社だけではなくB社・C社・D社へと資産を分散して投資をすれば、
例えA社が倒産しても残った他の株式の投資分を確保することが出来る
のでリスクを低減させることが出来ます。

 
ETFの場合はさらに多く分散し投資をするので、リスクを大きく低下させることが
できます。
個別銘柄を購入する場合に、投資をする前にその会社の情報を調べるなどして考えなければならず、慣れていない初心者には
大変です。
ETFなら個別銘柄を選択するために事前情報などを研究し頭を悩ませる必要がないため簡単です。

 
ETFのデメリット
買値・売値の問題
ETFは取引所の売買の需要で価格が決まるため、需要が少ないと売り手は純資産額より低い価格で、買い手は純資産額より高い価格で売買してしまうリスクがあります。
もちろん逆に純資産額より高い価格で売却、低い価格で購入できる可能性もあります。

 
積立投資に向かない
ETFの種類によりますが、購入できる最低口数が決まっているため、一度に購入できる最低金額が数万から十数万になって
しまいます。
そのため、毎月定額で買い付ける積立投資が難しくなって
しまいます。

証券会社の多くがETFに対しての自動積立サービスを行っていない事もあり、積立投資を考えている方にはETFをあまりオススメできません。

 

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る