img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

あなたの生命保険、資産運用として見直しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの生命保険、資産運用として見直しませんか?

 

家計を見直すとき、生命保険も見直しの対象にしていますか?

 
若いころや結婚した時など、そのときの状況で契約したままになっていると、資産運用としてとらえたときに、損をすることもあります。

 

人生の三大出費の一つと言われる生命保険。
この機会に資産運用の観点で見直してみませんか?

 
今回はそのシンプルな見直しのポイントをご紹介します。

 

 

 

 

1.現段階で必要な保険金額を計算する

 

 

 

まず自分や家族に万が一のことがあった場合、どれだけの保険金額が必要になるのかを考えます。

 
死亡時には葬式代から始まり、お墓がない場合は墓の購入、宗教によっては戒名などの費用も必要になります。

 
また、家族の人数が多かったり、子供が幼い場合は、当然大きめの保障が必要です。
逆に、独身の場合は必要額が少なめになります。
このように、生命保険の必要金額は、家族の状態によって変動しますので、家族構成が変化したタイミングで見直しを行うのがベストといえます。

 
もし、今契約している生命保険が現在の家族構成になる以前に組んだプランであれば、将来的な資産運用としても見直しができるかもしれません。

 

 

 

2.必要に応じて医療保険などをカット

 

 

 

現在加入している医療保険は、健康保険の自己負担をカバーする手厚い保険ではありませんか?

もしあなたの家計に余裕があるならば、思い切って解約するのも一つの手です。
そもそも公的医療保険である「健康保険」は自己負担の制限があるため、万が一高額な医療費が発生する事態になったときも確定申告をすれば負担分がいくらか戻ってきます。

そのため、余裕資金があり一時的な医療費も賄うことができるのであれば、その医療保険料は資産運用としても無駄な可能性があるのです。
保険会社の話を聞いているうちに、よさそうに思えて生命保険と一緒に加入していたりすることもあります。

自分が加入している保険の内容を再度確認してみましょう。

 

 

3.シンプルな生命保険を選ぶ

 

 

 

あなたの生命保険は特約を付けていますか?

 
三大疾病や婦人科の病気など、さまざまな特約があります。
しかし、そういった保険はどこにどんな費用がかかっているのかわかりにくいもの。

 
それよりも本当に必要な保障を取捨選択し、できるだけシンプルな内容の保険を検討しましょう。
なんとなく生命保険はわかりにくいと思いがちですが、そもそもの目的と必要な額さえぶれなければ、いたってシンプルになり、比較もしやすいのです。

 

説明されていると不安になり、リスクに備えるためにいろいろと固めてしまうかもしれませんが、現在の生活が第一。

自分の資産と家族の状況を鑑みて、本当に必要な生命保険を選びましょう。
それがひいては資産運用につながるのです。

 

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る