img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

NISA(ニーサ)の資産運用例

このエントリーをはてなブックマークに追加

NISA(ニーサ)とは?

 

 

 

資産運用で最近話題のNISA(ニーサ)とは、2014年1月から導入された「少額投資非課税制度」です。
毎年100万円を上限とする新規購入分を対象にその配当金や売買益等を最長5年間非課税にする制度です。

NISAは、イギリスのISA(Individual Savings Account)を参考に導入された制度です。
広く国民の資産形成・貯蓄の手段として定着しています。
NISAのNは、NIPPONのNですね。

 
NISA(ニーサ)は「非課税」ということで広く宣伝されています。
20%あった税率がゼロになるのですから資産運用でこれほどのメリットもありません。
実は、資産運用で非課税になる制度はこれまでもありました。
でもそれは適用条件が狭いものだったのです。
NISA(ニーサ)の特徴は「だれでも」利用できる少額投資非課税制度が久しぶりにできたことなのです。

 

 

 

NISA(ニーサ)の概要

 

 

 

つまりNISA(ニーサ)とはどういうものなのでしょうか。

 
【利用できる人】
日本に住んでいる20歳以上の人。

【非課税対象】
上場株式、投資信託などの配当金、売買益。

【口座開設】
ひとり1口座。

【非課税投資額】
毎年100万円。ただし新規投資額。
(最大500万円まで、未使用枠の繰越不可)

【非課税期間】

最長5年間。
(期間終了後、新しい非課税枠へ移行することで継続保有が可能)

【口座開設可能期間】
2014~2023年までの10年間。

 
NISA(ニーサ)は資産運用に有利な制度ですが、このメリットを効果的に利用するにはちょっとした理解が必要です。

 

 

 

NISA(ニーサ)でかしこく資産運用

 

 

 

NISA(ニーサ)は金額の上限が決まっています。
ということは、短期で細かく売買すると年間100万円の非課税枠をすぐに越えてしまいます。
これはかしこい資産運用とはいえませんね。

つまりNISA(ニーサ)は長期投資向けの制度なのです。

 
NISA(ニーサ)制度を利用したかしこい資産運用は以下の流れが理想的なものです。

 
新規口座で100万円の投資をして5年間保有。

毎年配当を受け、5年目に売却益を得る。

空いた非課税枠で再び100万円の投資をする。

 
NISA(ニーサ)の上限額は500万円なので、毎年100万円ぶんの投資先を増やしていき、5年目から最大のメリットを享受できます。

 

 

NISA(ニーサ)の資産運用例

 

 

 

たとえば1年目に100万円で株式を購入したとします。
5年後にその株式が2倍に値上がりしていたとしたら、売却益は100万円になります。
NISA(ニーサ)を利用していなかった場合、その20%である20万円が税金として目減りしてしまいますが、NISA(ニーサ)の非課税枠であればまるまる100万円が手に入るのです。

上限である500万円での資産運用が非課税になるとしたらたいへん大きな額になりますね。

 

 

 

 

NISA(ニーサ)の口座を作る

 

 

 

NISA(ニーサ)が適用される口座はひとりに1つだけです。
そのために新規に口座を作る必要があります。
いまは銀行や証券会社がNISA(ニーサ)専用のサービスを用意しています。

自分にあったものを選べばいいのですが、手数料は少ないほうがいいですし、銀行と証券会社で扱ってる投資が違います。

 
銀行……株式投資信託
証券会社……上場株式、株式投資信託、上場投資信託、不動産投資信託

 
2023年まで資産運用を行うNISA(ニーサ)口座ですから、どこに作るかはちゃんと考えて決めましょう。

どんなに簡単なことでも構いません。
お気軽にご相談ください

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る