img_03

img_05

ベリーライフの資産運用コラム

平日時間の取れない人向け資産運用『不動産投資』

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資とは

 

不動産投資とは、土地や建物などの「不動産」を対象に投資を行う資産運用です。
バブル時には不動産神話という、買えば必ず上がるというものがありましたが、バブル崩壊とともに神話も崩れたため今は慎重に不動産を選ぶ必要があります。

 
不動産投資の特長としては、株券などとは違い投資対象がしっかり見える資産であること、集中取引ではないため業者と投資家の相対取引となること、管理を行う必要があることが挙げられます。

 

また、値動きがゆったりしたものですから、平日に時間が取れない人にも手が出しやすい資産運用と言えるでしょう。

 

 

不動産投資の安定収入

 

インカムゲインとは、資産を保有することによって得られる収入のことです。
不動産投資の場合だと、家賃収入を得ることがインカムゲインとなります。
家賃というのは一度入り始めると、すぐに途切れるということは少ないため安定した収入源となり、株式投資の配当金などよりも高利回りとなるという資産運用のメリットがあります。

 

また、バブル時に不動産神話があったように不動産投資の資産運用は「インフレに対する抵抗力が強い」ことが挙げられます。
インフレを起こすと不動産価値も上昇するため、一度投資してしまえばインフレ後にも相応の家賃収入を得ることが可能です。

 

 

 

不動産投資のキャピタルゲイン

 

資産運用のインカムゲインを主軸とした不動産投資の場合、安定した収入を得やすいという一方で、
入居者がなければ収入が得られないというリスクがあります。
このため購入時にも物件の選定はしっかりと行う必要がありますし、購入後にも家賃の調整や管理をしっかりと行っていく必要があります。

 

また、入居者によるトラブルも不動産投資のリスクと言えます。
家賃を滞納することもありますし、入居者が周囲に迷惑をかけるなどの問題が発生することもあります。
入居者が入る前の審査や、問題をクリア出来る体制を整えておくことも重要です。

 
不動産投資の資産運用はデフレにより物価が下落してしまうと、不動産価値が下がり家賃収入も減るというリスクもあります。
初期投資が大きい資産運用ですから、リスクも大きいと言えます。

 

 

 

資産運用の基本③「資金の種類」

 

キャピタルゲインとは、保有している資産を売買することによって得られる収入のことです。
不動産投資の場合だと、安いうちに買い、高くなってから売ることで得る収入がキャピタルゲインとなります。

日本国内で地価が急激に上がるということはバブル崩壊後には一般的ではありませんが、新しく駅が出来るなどすると周辺の地価が高くなることがあります。
とはいえキャピタルゲインに的を絞って資産運用することは国内では難しいですから、インカムゲインとキャピタルゲインを比較しながら資産運用していくことをおすすめします。

 

ちなみに海外不動産投資というものもあり、こちらの場合はキャピタルゲインを主とした資産運用があります。
これから成長していく国に目を向け、どこの地価が上がるかと想定して不動産を購入するものですね。
こちらの場合も何年という期間のキャピタルゲインですから、平日あまり時間が取れなくても始めやすいです。

 

 

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る