img_03

img_05

ファイナンシャルプランナーに相談しよう

将来の年金について

 ]
30代・男性会社員のご相談

私たちの世代では、年金はもらえないか、もらえても十分な生活ができる金額ではないと思います。
今から何か準備していくとすると、どんなことが考えられますか?

株や為替など、経験がなく素人が手を出すのは難しいと聞きます。

ファイナンシャルプランナーの回答

今のご年齢から将来を考えていくことは、この時代にはとても重要なことだと思います。

毎月の収入から、こつこつと一定額を貯めていくのが賢明ですが、預貯金では運用益は到底望めないのが今の時代です。

弊社でお勧めしているのは、変額有期保険といって、保険料の一部をユニット(投資信託のような運用商品)に毎月一定額を投資していくものです。

ドルコスト平均法と言って、価格の下落リスクを軽減する特徴があります。長期の視点に立てば、いきなり株や外為に手を出すよりも、ずっと堅実だと思います。 

 

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る