img_03

img_05

おかねビギナーでも好奇心旺盛!
な主婦ペコさんが、弊社代表 斉藤に
お金に関する素朴な質問を乱れ撃ち!

老後のこと、子供のこと、将来のことを考えるとお金の問題はつきまといますね。
銀行や証券会社に相談しても、自社の商品をオススメするばかり。。
そんなときは、サイトウさんに相談してみませんか?

この対談では、おかねビギナーだけど好奇心は人一倍旺盛な主婦ペコさんが
斉藤さんに、初心者ならではの素朴な質問をぶつけまくります!
ペコさんといっしょにあなたも一歩ずつ「おかね力」を磨いていきましょう。

さて今回はどんなバトルがくりひろげられますやら・・

1.ファイナンシャルプランナーってなに?

ぺこ「ファイナンシャルプランナー、FPと言うんでしたっけ?
最近その言葉だけは、昔に比べて耳にしたり
雑誌で目にしたりするようになりましたが
実際どのようなお仕事をするんですか?」

斉藤「一言で説明するのは難しいですが
簡単に言えば、お金のドクターみたいなイメージでしょうか?
しかも予防医学のような感じ。」

ぺこ「ふーん お金のドクターで予防医学ですか・・・」

斉藤「ええ。
病気になった時に直すのももちろんですが
なる前に予防する、それが後日効果を発揮すると言う事ですかね。
一生の中で、年齢によって人生のステージは変化しますよね。
当然お金もそれと共に変化するんです。

今がベストになれば、将来の資金計画もスムーズに。
だから、悪くなったら医者に行くのではなく
悪くなる前に医者に相談してほしいんです。
もちろんお金のドクターにですよ。」

ぺこ「でも、ファイナンシャルプランナーって言葉は聞きますが
何処に行けば相談が出来るとかになると
知ってる人は少ないんじゃないですかね。
私も知らないし・・・。」

斉藤「全国には15万人の資格保有者がいるんですよ。
でも確かにそうそう出会わないですよね。
最近では主婦の方が自分の家計を見直すために
資格を取ると言うこともありますし。
私はFPの中でも1万人しかいない
CFP(R)という世界共通資格ももっています。」

ぺこ「すごいですねー。
でもそんなに大勢の資格もっている方がいるのに
何故出会わないんですかね?」

斉藤「そうですね、会社から言われて資格を取る人が多いですから
金融や保険など、その会社と関わらないと
FPには会わないかもしれないですね。」

ぺこ「お金の話しってただでさえあんまりしないし
よほど大きな出来事に遭遇しない限り
自分から何でもない時に相談にいくと言うのは
皆無ですかね。
しかも、何処に何を相談にいけばいいのかも
わからないですし。」

斉藤「そうですね、だからいざと言う時が来る前に
気軽にお金の相談ができる立場にいなきゃいけない。
だから私はあえて独立したんです。

会社に勤務しながらFPをやると
どうしても自分の会社の商品ばかりを勧める事になります。
それではお客様にとって本当の意味で
メリットのある商品がお勧めできないので。

だからメリット、デメリットをハッキリお伝えできる立場でいるために  
独立したファイナンシャルプランナーとして
お金のドクターとして活動しています。」

ぺこ「ほー、でも資金もないし、どうせお金なんて増えないし
と私と同じように思っている主婦も多いと思うんですけど。
私など自慢じゃないですが
投資もした事ないですし、貯金もへそくり程度ですよ。
それでも将来には不安もあるので
できる限り今後はお金はためたいと思いますが
何をどうすればいいのかが、まったくわからないんです。」

斉藤「そうですか、今は20年前と比べても様々なものが変化しています。  
その当時はどの保険会社に加入しても保険料も大差なし。
住宅購入の際の金利も、銀行の金利も一緒。
でも今はどうでしょう?
全部違ってきてますよね。
だから情報をきちんと知ることも大事です。

お金は使う目的があって初めて活きるもの。
ライフプランもなくとりあえず、老後の資金をためとくか何て言うのは
暗い中で懐中電灯もって歩くようなものですよ。
がけは何処?穴は何処?・・・と手探り状態。
早目にどこに落とし穴があって、どこにがけがあってがわかれば
早目に気づいて対策がとれる。
そうすれば大きな危険は回避できます。
その情報をお伝えして  
様々な危険の予告もして
安全な場所に導く、それが私の仕事です。」

ぺこ「何となくファイナンシャルプランナーの
イメージがわかってきました。
でも、私もそうですが具体的にいくら必要で
何に使うかなんて、わかっていてお金をためるなんて
出来ない人の方が多いんじゃないですか?」

斉藤「そうなんです。多くの方はとりあえずお金は必要だから
老後のために貯金でも・・・という位しかイメージがわかないんです。
でも使い道やはっきりした金額がないと
資金を有効に増やす商品が選べないんですよね。
もちろんこれが正解というものはないですが
今一番有効な商品を提案する事はできるんです。
でも、そこがなかなかわかってもらえないんですよね。」

ぺこ「そうですね。
お金って沢山増えたら嬉しいけど
増やす努力とか、その為の情報収集なんかはやらないんですよね。
そのくせ、あそこの奥さんは株で儲けてるらしいとか
最近流行のFX?あれで稼いでるとか
人の事には関心があって、それをつい妬んじゃう(笑)
よーし、自分もひとつ挑戦してみるか!にはなかなか・・・。」

斉藤「そうなんですよね。隣の芝生は良く見えるんですよ。
お金をためる、増やすは凄く良い事!
節約だけでは人生つまりませんよ。
だから今使えるお金、将来のために増やすお金
きちんと理解した上で、人生の計画を一緒に立てましょう!
余裕のあるうちはFP相談なんてと思うでしょうが
余裕がなくなってきたらそれ相談・・・では
スーパーマンじゃないので僕も無理!

だからまだまだ余裕のあるうちに
一度じっくりと話をしましょう!
タイミング的には結婚された時が一番ベストなのですが
早い・遅いではないですからね!」

ぺこ「へー、結婚時期かあ、もう10年も前の話しだし・・・。
でも一度これからのお金の話しをじっくりする・・・という
そんな事も必要ですかね。
先生のところで何か気軽に相談できる場はありますか?」

斉藤「ええ、少人数でのセミナーも開催してますよ。
まずは、お友達と一緒に気軽にお茶でも飲みながら話しをしましょう!
その後、お友達と一緒では話しにくい・・と言う事があれば
個別の相談もできますよ!」

ぺこ「了解しました!
みなさーん、一度先生の所に行ってみませんか?

そうだ、今度親類に結婚する子がいるんですが
お祝いにライフプラン相談券贈ろうかな~」

斉藤「あっ、それいいですね!(笑) 賛成ー!」


次回へ続く・・

代表紹介

代表・齊藤和孝 齊藤和孝

独立系ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

CFPロゴCFP(R)・・・CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

過去に頂いたご相談

全て見る